自転車でお伊勢参り⑨

 

磯部大王自転車道を走ってから名古屋に帰ろうかと思います。

磯部大王自転車道 古い農道を整備した自転車道のようです。
DSC_1224 DSC_1227

甲賀 阿児の松原海水浴場
DSC_1225

リアス式海岸 海苔の養殖風景がよくみる光景
DSC_1228

DSC_1230

田んぼ沿いを走るのどかなコース
DSC_1231

ここは野宿できそう
DSC_1233

 

磯部に到着。このへんも広い意味で伊勢神宮の一部です。

神様専用の田んぼと伊雑宮があります。
DSC_1235

 

伊雑宮近くにある中六でうなぎ食べます。
DSC_1237

昼はうな丼のみ。うなぎの枚数で値段が違います。

5切れの大盛りでこのボリューム
DSC_1238

DSC_1241

よく、うなぎはパリパリに焼いてないといけないとか、タレは上品に色白でないと、とか言いますが。魚の食感や魚臭さが無くなるまで焼いてしまうとうなぎの旨みまで飛ばしてしまうように思います。旨みの強い煮付のような濃厚なタレでうなぎ臭い魚料理として食べるうな丼。それがこの地方で昔から食べるうなぎの味だと思います。子供の頃からこの味です。

ちなみに磯部は昔からうなぎ漁と養殖が盛んな地域です。

磯部町穴川 – Wikipedia

海女さんの萌えキャラ発見。。(若干引き気味に)
DSC_1242

伊雑宮に寄ります。
DSC_1247

ここも遷宮で新築されてました。
DSC_1254
内削ぎ鰹6本なので内宮管轄のようですね。

 

伊雑宮で案内板に天岩戸への旧道という文字があり、興味が湧いたので走ってみる。

旧道はあっというまに抜けて、あとはいつもの磯部のダムに行く道でしたが。

磯部からだとわりと登坂コース
DSC_1257

神路ダム
DSC_1258

天岩戸口
DSC_1260

どんどん山の中へ
DSC_1264 DSC_1265

DSC_1266

DSC_1270

DSC_1271 DSC_1275

DSC_1279 DSC_1282 DSC_1290

恵利原の水穴
DSC_1292
↑名水百選らしいです。

DSC_1293 DSC_1294

DSC_1295 DSC_1298

DSC_1300 DSC_1301

DSC_1305 DSC_1310

 

水穴と風穴のどちらが天岩戸なんだろう。。とか深く考えてはいけません。たぶん。

 

帰りにおうむ岩という看板を見かけて、(その向こうに見えてる国際秘宝館の看板がすごいレア)

DSC_1313

行ってみたらただの登山だった。。死ぬかと思った。
DSC_1315

DSC_1316

こんな感じのでかい岩がありました。

磯部 おうむ岩
DSC_1330

語り場で喋ると、声が岩で反射して別の場所の聞き場で聞こえるらしい。
DSC_1322

 

 

まあ、娯楽のない田舎の村の昔のアトラクションって感じですかね。

イモムシ1号
DSC_1328

スペイン村の玄関口の磯部駅がこんなに寂れてました。
DSC_1331

自転車パックして名古屋に帰ります。
DSC_1332

電車の中で現れたイモムシ2号
DSC_1334

かわいい。後ろ足4本、前足6本でどんどん歩く。
DSC_1336 DSC_1347

名古屋到着
DSC_1348

あとは自走で帰ります。
DSC_1349

 

と、連休前半はこんな感じでした。

 

そして、土日の中山道木曽路へと続きます。

 

  1. No Comments